ちょこちょこ あみあみ

毎日ちょこちょこ編んでます。

自己紹介。

私は今のところパタンナーです。

パタンナーというのは、洋服の型紙を作るのが主な仕事です。

昔から小ものを作ったり、編みものをしたり、ちょこちょこなにかを作るのが大好きでした。

服飾の専門学校に通っていたころは、夢中になって服を作っていました。自分の部屋に閉じこもり、パターンやら生地やら糸やらにまみれてミシンを踏んでいました。

今ではソーイングはほとんどしていません。ミシンを出すのも面倒だし、パターンを引いたり生地を裁断するのに大きな机もないし、針は子どもがいるので危ないし。

でも、編みものは毛糸の玉と針と、そしてすこしの時間があればできます。

いつでもどこでも、できます。

 

出産後、ちょっと大きな病気をしました。だいぶ回復しましたが、それでも左側を見るのは苦手になってしまいました。

たくさん読んでいた本からも遠ざかり、子どもがいるから大好きな美術館にもなかなか行けず、復帰後の職場の環境もとても窮屈で、なんだか自分らしさがどんどんなくなって行く気がしていました。

そんなときに久しぶりに編みものがしたくなり、本を買ってセーターを編みました。もう、楽しくて楽しくて夢中になりました。

もう一枚カーディガンを編んだところで、別の本を探したのですが、なかなか自分に合う本が見つかりませんでした。

自分が編めるような、ある程度簡単で、でも普通に着られる(←ここが重要)セーターの編み方が載っている本、意外とない。

ん?でも私、パターン引けるやん??

…それで、私は自分でパターンを引き、セーターを編むようになりました。

ニットでもパターンの引き方は基本的に変わりません。しかし、その先の工程、かかる時間がまったくちがいます。編みものは気軽にできる反面、とても手間がかかります。

でも私、その手間がきらいではないようで、あまり苦にならない。間違えて自分にイライラすることはあるけど、それでも楽しいのです。

ものを作るというのは、本当に楽しいです。

 

ブログではパターンの知識や、パターンそのものが必要ないものもたくさん作って載せていますが、もちろんそういう小さなものを編むのも楽しいです。

そして、セーターやスカートなども、難しい編み方のものはありません。

自分ができないからです。

編みものが上手な方は、ネットを見ていても本当にたくさんいらっしゃいます。本当に感動するほど美しく、複雑な、手の込んだ模様を編まれる方々がいらっしゃいます。

残念ながら私にはできません。できる方がうらやましい。

なので、自分が編めるもので、自分がかわいい、使いたいと思えるものを作り、紹介しています。

基本的に自分でデザインして、自分で編んだものを紹介しています。

編みもの上級者ではないので、不格好だったり、間違えてしまうことも多々あります。大目に見ていただけるとうれしいです(教えていただけるともっとうれしい!)。

そして、私のブログがみなさまの編みたい!という気持ちを刺激できたら、とてもうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。