ちょこちょこ あみあみ

毎日ちょこちょこ編んでます。

極太毛糸と棒針で編むニットのキャミソール。編み図あります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャミソールの画像
太い毛糸と棒針でざくざく編めるキャミソール。びっくりするくらいはやく編めます。しかもとても暖かい。

太い棒針は少し編みにくいのですが、ぽこぽことニュアンスのある糸を使えば、目が揃わなくても気になりません!←私向きです。

実は迷ってファンシーヤーンにしましたが、ストレートヤーンで、大きなメリヤス編みが目立つように編むのもかわいいと思います。

ウエアは難しいイメージがありますが、これなら編みものをあまりしたことがない方でも編めるのではないかと思います。

編み図もありますので、よかったら挑戦してみてくださいね。

 

  • 使用した糸

アヴリル  ミックスツイスト カカオ 約250g

 

 

  • 使用した針

棒針 8mm、かぎ針8mm(肩ひも用)

棒針はかなり前にダイソーで買いました。

 

  • ゲージ

10cm*10cm、9目*13段

 

  • 出来上がりサイズ

丈(後中心)  53㎝

バスト   90㎝

裾周り   103㎝

 

  • 編み図

編み図、後見頃

編み図、前身頃

袖ぐり、肩ひも編み図

 

  • 編む前に

今回、かなり太い毛糸で編んでいます。

糸が太い=編み地が厚くなるので、はぎを入れると、縫い代になる部分にかなり厚みが出ます。

また、一目がかなり大きいので、はぎを入れる分糸をたくさん使うことになります。

なので、できるだけはぎをなくしたい、輪針を使いたいと思ったのですが、輪針がなく(というより、買うのがもったいなかった、ただの貧乏性です)、折衷案で左脇を続けて編み、右脇だけはぎを入れることにしました。

また、左右どちらにもはぎを入れる、またははぎを入れずに続けて編むのであれば、左右対称になるので気にしなくてもよいと思いますが、今回は非対称になってしまうので、右脇だけ縫い代分1目多く編んでいます。

もし、この編み図をお使いになる方で、下のようにアレンジをされる方はご注意ください。

  •   2本棒針使用で両脇にはぎを入れる →左脇各段に縫い代分1目増やす
  •   輪針を使ってぐるぐる輪に編む→右脇各段の縫い代分1目減らす

 

  • 編み方

指でかける作り目をします。後見頃~前見頃を続けて編みます。

2段一目ゴム編み、右脇を続けてAH下まで編みます。

途中減らし目をしながら、編み図通りに編んでください。

後身頃は図の通り、AHは減らし目をしながら編み、最後は2段一目ゴム編み、伏せ目で始末します。

前は新しく糸をを付けて、編み図のように編みます。

胸のカーブの部分は引き返し編み、1段段消しを編んで、後同様一目ゴム編み、伏せ目で始末します。

肩ひも部分は、私が以前編んだ巾着のひもと同じ編み方です。 

 

www.tttttta.com

 前後どちらでも良いですが、端のほうで3目拾って、24cm編んで、端で適当に始末します。

肩ひもの長さはお好みで。着ている間に伸びたりするので、長いよりは短くするほうがよいと思います。

肩ひも部分のアップ

アームホールのアップ


水通ししてできあがり!

 

着てみました。

着た画像、前

着た画像、後

 

  • まとめ

キャミソールで、肩の部分がひもなので、重いと肩が凝ります。

なので、丈を短く、コンパクトにして使用する毛糸の量を少なくするのもポイントでした。

違う糸を使う場合、軽い糸を使うことをおすすめします。

 

この記事を読んで、作ってみようかなと思われる方がいらしたら、とてもうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

www.tttttta.com

www.tttttta.com

www.tttttta.com